テキストの反復編集作業をいつでもどこでも手軽に効率化できるWebツール。
正規表現文字列を出力可能なので、動作検証もせずにそのまま他のエディタツールでの流用可能。


▲上のボタンをクリックして起動してください。

2012/11/26 行操作>○○で始まらない行の直前の改行を削除する
  • 不意な改行が入った文章(CSV,EXCELの複数行セルや1件が複数行に渡るログ等)をいったん一行に整頓する場合に便利です。
  • 正規表現や、大小文字無視指定も可能です。
  • 2012/11/26 行操作>連続行以外の改行を削除する
  • 改行が連続していない改行を削除します。例えば3つ連続した改行の場合一番最初の改行は連続していないとみなされる為に削除され、置換後は2つになります。
  • 正規表現や、大小文字無視指定も可能です。
  • 2012/05/23 その他>該当行を非該当行の行頭に挿入する
  • 行頭から順次走査し、指定文字列に該当した行を記憶しておき、更に該当しなかった行の行頭に記憶した文字列を挿入する機能です。
  • 正規表現や、大小文字無視指定も可能です。
    (※ただし、当該機能自体は正規表現に準じていません。)
  • 2012/05/06 その他>連番機能追加
  • 「連番を振る」−指定回数の連番を行頭または行末に挿入します。降順にも振ることが出来ます。
  • 「ランダム数値を振る」−ランダムな数値を行頭または行末に挿入することが出来ます。
    指定回数から抽出型の乱数(ランダムに並び替えるイメージ)なので、「ランダム数値を振る」→「ゼロフィル」→「簡易ソート」することにより、ランダムに並べ替えを行ったり、それから上位から無作為抽出する事も可能です。
  • 2012/04 一時記録操作>該当チェック
  • ルックアップ機能と同様、Memoryに入った行と置換対象を付け合わせし、完全一致する行に"[該当]"という文字を挿入します。
  • 「行操作>任意の文字を含む行削除」機能との組み合わせで、置換対象には含まれるが、Memoryには含まれない行を抽出することができます。
  • 2012/04 新機能紹介エリアを設置
  • こちらでGREPREP TIPSについた新機能を紹介していきます。
  • ▲紹介映像 (拡大して見てください。)

  • 簡単に!
    テキスト編集を行うと「全ての行頭に○○をつける」等、手動での編集が面倒な場面があります。そこで役立つのが「正規表現置換」なのですが、正規表現も複雑になってくると「記号を覚えるのが面倒」だったり「都度、入力した正規表現が合っているか検証するのが面倒」だったりします。その点を簡単にしたのがこのGREPREP TIPSです。
    テキスト編集に不満を持つ中級者から、正規表現を正しく理解した上級者にオススメです。
  • いつでも
    ブラウザ起動で動作は軽快なので、パソコンの調子が良くない(動作が鈍い)時でも十分にご利用いただけます。
  • どこでも
    ブラウザ起動なので、パソコンへのインストールは必要なく、ブラウザが開ければどこでも利用できます。
  • 安全に
    当アプリ自体は、外部との通信を一切行わない為、編集対象となるデータは外部に漏出することはありません。
    ※On/Offの設定は起動するブラウザのCoockieに保存されます。



  • Integrated Production by RAWSEQ / LOW-TECH-SIDE






    Copywright by TACHY/RAWSEQ LOW-TECH On Line