多目的ターミナルサーバー構築
  メニュー: TOP・紹介  ネットワーク構成  ハードウェアの選定  サーバーの活用

■ハードウェアの選定


冒頭でも説明した条件による、サーバーに適したハードウェア選定を実際に行ってみましょう。 提示された条件は以下のとおりです。
・スペックはある程度機能的であればいい。その分、コストを抑える。
・冷却効率の高い筐体で回転するものをできる限り抑える
この条件に適した上に、
データを持ち運ぶ手間が惜しい
自宅のPCを操作したい、
PCで確実にTV録画したい
他のプライベートネットワークにアクセスしたい
等の欲求に応えられるように構成していきます。

■中古ノート型サーバー


ある程度のスペックを低コストで手軽に揃えるとなると、中古パソコンが手っ取り早いとショップへ直行。
この際、ハードウェア自体の耐久性等は無視する(他の手法で冗長性を高めることにする)となると、
静音(←と言うか回転するものがHDDぐらい)
省電力(←消費電力量も最小限に抑えられている)
キーボード・マウス・ディスプレーつき(←まあ、ほとんど使わないんだけど…)
の点において、中古ノートを適当に選びました。

ここで、注目する点が、USB2接続ができるかどうかです。結構盲点になってるでしょ?
ある程度スペックが悪くてもUSB2の接続ができれば、外部拡張をその接続で行うことで、かなり機能的な構成になります。

しかし、USB2接続ができるかできないかといった基準でも在るかの様に、値段にはっきり出ていました。
USB2接続ができものはできないものより、2万円程高い相場なのです。(世代の問題?)

しかし、それであきらめてはいけません。ノートPCの唯一の拡張スロット「PCカードスロット」

このスロット対応のUSB2接続カードなら、2,3千円で手に入ります。欲張って、4ポート着いたものと安価構成のノートPCを購入
(ちなみにノートは中古で2,3万)

スロットが一つしかなく、このカードで埋まってしまっても、USB2で拡張すれば問題なしです。

上はストレージに使うHDD下は外付けTVキャプチャー機器を接続しております⇒

電力面ではより省電力なPentiumMとかが積まれた、長時間バッテリーで耐えれる様なものほうが断然良いのですが、 やはり値段が跳ね上がりますね。

そして、ついに完成。

変な空きダンボールの上に乗ってますが、気にしないでください・・・

他の外付け機器の構成

HDD(やはり、バルク+USB外付ケースを選択。120GBでじゅうぶんかな)

TVキャプチャー機器(外付けでMPEG2ハードウェアエンコードは必須項目。間違ってもソフトウェアエンコードは選んではいけない)


一応、奥のコンパネには温度計つけて熱量管理も行ってます・・^^;

>>Next:サーバーの活用

 


Copyright by TACHY